So-net無料ブログ作成
検索選択

冬になる前に始めたい!とっても怖い「冬季うつ」対策 [うつ病]

冬季うつについて


冬の季節にだけ、うつ病になる「冬季うつ(季節性情動障害)」というものがあります。


<日本では最近少しずつ知られるようになってきましたが、ヨーロッパ(特に北欧地域)、日本海側の地域(北陸・山陰地方では、とても知られている病気です。
これは日照時間が影響していると言われ、1日の日照時間が1年のうち一番短い冬に発症するというものです。



主な症例の一部


・パンやご飯、お菓子など甘い物が無性に食べたくなる。

・1日中眠い、または体がのだるさが続いている。

・気分が沈んだ状態がずっと続く。

・過食になり体重が大幅に増加する。

・特に女性がかかりやすい。

・毎年発症する場合が多い。

などが挙げられます。

私の場合


私はちょうど1年前から年明けくらいまで、甘いものが無性に欲しくなって過食が止まらなくなり体重が10キロ増えてしまいました・・・
(今年に入って、4ヶ月かけてダイエットをし、10キロ落として元に戻せましたが。。。)

冬季うつで過食(特に甘いものが欲しくなる)を放っておくと、最悪、
糖尿病などの成人病になってしまう可能性もあるので、
もしその傾向が見られる場合は専門医にかかりましょう。
また、うつ病は他の病気を併発しやすい病気で、
糖尿病のほかに心筋梗塞、脳卒中などが併発しやすいそうです。

さて冬季うつに話を戻しますが、なぜ冬季に起こるのかというと
太陽の光を浴びる時間が減ると、太陽の光を浴びることで生成される体内の物質の
生成量が少なくなり、体のバランスを崩してしまうからです。

その物質は、
・セロトニン(神経伝達物質。心のバランスを取ってくれる物質)
・メラトニン(体内時計の役割をしてくれる物質)
の2つです。

もうすっかり日も短くなって、気温も下がってきて冬に近づいている今のうちから
この2つをドバドバ作って、元気に秋・冬を過ごしましょう!

予防方法


・午前中のうちに太陽の光を浴びる。

・腹式呼吸など「呼吸」を意識した運動をする。
(吸うよりも吐く方に意識を向けてやると効果的)

・シャワーで済まさず湯船に浸かる、足下を温めるなどして体を冷やさないようにする。

・睡眠時間をしっかりと確保して、就寝・起床時間を決めて生活リズムを整える。

・寒いからと引きこもりがちにならず、外出して刺激を適度に受ける。

・セロトニンを増やすビタミンやタンパク質を十分にとる
(バナナ、サバやアジ、マグロなどの青魚、レバー、肉、大豆など)

たくさん笑う(口角を上げるだけで気分が明るくなると証明されています)

なかなか太陽の光に午前中に浴びるのは難しい・・・と思う方は、
太陽の光を人工的に作って浴びられる機会があるので、
そちらを利用するのも良いかもしれません。
(光療法という治療方法で利用されている機器です)




ブライトライトME+
高照度光療法に使用する高照度照明器具です。 自然光に近い色バランスのとれた高品質の光を発光します(紫外線はカット)


私は数年前から気になっているのですが、値段がちょっと高いので手が出せないでいます。。。

今年は、過食にならないよう気をつけて、太らないようにしたいと思います・・・


スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 3

コメントの受付は締め切りました
桃緒

こんにちは。

私は、秋口になると無性にチョコレートやショートケーキがたべたくなります。20年以上も昔から、この症状がありました。
当時は情報も少なくて、“体が冬支度を始めた” -と、ずっと思っていました。

双極性障害+冬季うつ、、、
リワーク頑張ります!。
by 桃緒 (2013-10-21 12:42) 

こーたろ

桃緒さん

秋口に甘いものが欲しくなるのは、サインかもしれませんね・・・
私も知識が無い頃は、同じように思ってました。

今年は、そういうのはまだ出てきてないですが、
お互い用心しましょう。

リワーク頑張ってください!

by こーたろ (2013-10-21 22:19) 

X

参考になるかも知れないと感じたので記載します。

私の職場に重度の季節性障害の方がいらっしゃいます。(障害者手帳をお持ちです)その方の場合は甘いもの、と言うよりは、ご飯やうどん等、炭水化物が非常に欲しくなるそうで、職場復帰した当時、過度ではありませんでしたが標準と思われる体型よりややふっくらした状態でした。

たまたま隣の席に復職された関係で良く話をしていましたが、その時に季節性障害についての本とコピーを【知っておいて欲しい】と渡され、その様な病がある事を知った次第です。
また、気圧の変化や天候にも非常に左右されるとの事で、デスクには常に沢山のライトを置いておられました。ご本人が仰っていた様に、例えば台風、梅雨、或いは季節が変わり日照時間が短くなると体調が悪化する様でその期間は良く休まれていました。同時に、その期間は抑鬱状態にもなるご様子で、普段は問題ありませんが、その時期のメールだけは、敬語で謝ったり(何も悪い事をなさっていないのですが)自己嫌悪?感が強く出るご様子でした。

体調が安定していくる春頃から食事制限をされた様で、現在はかなりすっきりした感じで勤務されています。因みに、ライトについては国内では中々条件に合致する(ワット数など)商品がないそうで、海外から取り寄せた、と仰っていました。高額だと言う事もその時に伺っています。(購入当時で数万円との事)専門の先生も国内には少ないとの事で、ご自宅からかなり離れた専門の先生の所へ通っているとの事でした。参考になる話だと良いのですが・・・

by X (2014-09-26 02:20) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。