So-net無料ブログ作成
検索選択

【生活保護受給者の引っ越し】家賃代も削減か? [生活保護について]

生活保護費の柱の1つである「住宅扶助」の見直し(削減)のニュースが出ました。
ご存知の方もいるかと思いますが、8月から生活費にあたる「生活扶助」の削減も始まっています。
(今年から3年かけて段階的に削減されます)



そして、さらに「住宅扶助」(主に家賃にあたる)と、仕事に就くために必要な技術を
習得するための「生業扶助」の見直しの検討に入ったそうです。

住宅扶助の削減は、現在「家賃の上限」に近い金額で部屋を借りている人たちにとっては、
特に大きな影響があります。現在、東京は53,700円です。(管理費は生活扶助から支払う)

2年半前と今年に部屋を探した私の経験からすると、「益々住める場所が無くなる危険性がある」
と感じています。

理由は、
・貸し手はそもそも「生活保護受給者」に貸したがらない

・貸すことの担保として家賃の値段が作用している可能性があ

私が、今年の6月に引っ越しをした際に感じたことを書いています。
よろしけば、こちらを
http://masaya48.blog.so-net.ne.jp/2013-07-07
http://masaya48.blog.so-net.ne.jp/2013-07-07-1

現在、私は上限いっぱいの所に住んでいるので、住宅扶助が削減された場合、 生活扶助から出さなければいけないと想定されます。 当然、それを理由に家賃の低い所への転居は認められないと考える方が 自然なので、そうなるでしょう。 今後どうなるか、注視していく必要があると思います。

平成27年に成果保護制度が改正されました。 詳しくはこちらの記事に書いてあります。
http://masaya48.blog.so-net.ne.jp/2013-07-07-1



参考
「住宅扶助も見直しへ 厚労省」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131004-00000122-mai-pol

10月5日更新
一方で、消費税増税による物価上昇が見込まれることを勘案して、
「生活扶助」を増額検討とも。

「消費増税で生活保護費アップも 厚労省、年末までに検討」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131005-00000011-asahi-soci


スポンサーリンク



タグ:生活保護
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。